浜松科学館 みらいーら

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩け…

浜松科学館 みらいーら

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

マガジン

  • 浜松ミクロ散歩

    「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。

  • 105歩で生き物観察

    浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

端から端まで「105歩」の自然観察園で、生き物観察をしてみます。

前回は筆者の自己紹介をさせていただきました。 今回はnoteの舞台となる浜松科学館自然観察園をご紹介します。 西には高さ213 mのアクトタワーがそびえ立ち、北の東海道本線では絶えず新幹線が行き来しています。そんな政令指定都市のど真ん中。浜松科学館の南にある小さな森、そこが自然観察園です。 園内には、約30年前から浜松周辺に自生する樹が植栽され、面積は小さいながらも遠州地域の植生が再現されています。 自然観察園をメインフィールドとした理由として、下の3点があります。

    • 浜松ミクロ散歩「うなぎいも」後編 ~甘さの秘密はデンプン~

      はじめに「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回は、うなぎいも協同組合さんで取材させていただきました。 取材記事はこちらから。 この記事では、うなぎいも協同組合さんから提供いただいた「うなぎいも」を浜松科学館の電子顕微鏡で観察していきたいと思います。 遠州地域で、浜名湖名産二ホンウナ

      • 浜松ミクロ散歩「フルーツ」前編 ~いろんな品種を楽しんじゃおう~

        「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回の研究テーマは「フルーツ」。 静岡県では、イチゴや温州ミカンをはじめとする柑橘類、メロン、柿、キウイなどが有名ですね。ご協力いただいたのは、年間を通して約16種類の果物の収穫体験ができる「はままつフルーツパーク」。 はままつフルーツパークは199

        • 浜松ミクロ散歩「うなぎパイ」前編 ~生地は手作り9000層!?~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回研究するのは、春華堂「うなぎパイ」。 うなぎパイとは、うなぎを使った洋菓子で浜松を代表する銘菓。 浜松市民のみならず、全国的にもファンが多いうなぎパイは、お土産や手土産としても人気です。 うなぎパイの魅力を探究するために訪れたのは、春華堂の「うな

        • 固定された記事

        端から端まで「105歩」の自然観察園で、生き物観察をしてみます。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 浜松ミクロ散歩
          浜松科学館 みらいーら
        • 105歩で生き物観察
          浜松科学館 みらいーら

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          浜松ミクロ散歩「遠州織物」前編 ~大切に丁寧に作られて・使いたくて~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回のテーマは「遠州織物」。 浜松の産業の歴史を語る上で欠かせない遠州織物。 かつて、繊維産業は浜松市を含む遠州地方の一大産業として賑わい、浜松市内の各地には巨大な紡績工場が稼働していました。 現代では、遠州織物は伝統産業へと姿を変え、その高い品質や技

          浜松ミクロ散歩「遠州織物」前編 ~大切に丁寧に作られて・使いたくて~

          浜松ミクロ散歩「ソース」前編 ~地元野菜と自社製造のお酢で作るこだわりソース~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回研究するのは、食卓を彩る定番の調味料「ソース」。 ソースと聞いてどんな料理を思い浮かべますか。お好み焼き、焼きそば、たこ焼きなどのいわゆる“粉もん”料理やアツアツの揚げ物などにかけても美味しいですよね。 そんな日本の食文化に深く根付いたソースですが

          浜松ミクロ散歩「ソース」前編 ~地元野菜と自社製造のお酢で作るこだわりソース~

          浜松ミクロ散歩「スギ(杉)」前編 ~花粉をつけないスギ?無花粉スギとは~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回、研究するのは「スギ(杉)」。 実は、スギの木は日本の固有種だとご存知でしたか。古くから神社仏閣の森林や建材などの木材としても幅広く利用されてきました。スギを使って作られたお家に入るといい香りがしてすごくリラックスしますよね。 浜松市民にとって、

          浜松ミクロ散歩「スギ(杉)」前編 ~花粉をつけないスギ?無花粉スギとは~

          浜松ミクロ散歩「鍾乳洞」前編 ~ようこそ地底世界へ~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 訪れたのは東海地区最大級の観光洞窟「竜ヶ岩洞」。 猛暑日の続く夏には、ひんやり避暑スポットとしても大人気ですね。 1983(昭和58)年にオープンした竜ヶ岩洞。 一般公開されている全長400mの整備された洞内は、約50ヶ所の見学スポットがあり神秘的な

          浜松ミクロ散歩「鍾乳洞」前編 ~ようこそ地底世界へ~

          浜松ミクロ散歩「ハチミツ」前編 ~ハチミツ食べてBEE HAPPY!~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回、研究するのは「ハチミツ」。 浜松は温暖で一年を通して晴れの日が多い土地柄。その良好な環境は草花だけでなく、その花の蜜を集めるミツバチたちにも恩恵を授けていました。 特に、三ヶ日方面はみかんの栽培が盛ん。5月上旬に開花したミカンの花からは、爽やかな

          浜松ミクロ散歩「ハチミツ」前編 ~ハチミツ食べてBEE HAPPY!~

          浜松ミクロ散歩「うなぎいも」前編 ~うなぎいもってどんな芋?~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回研究するのは、秋冬に旬を迎える「さつまいも」。 浜松ではさまざまな農産物が作られていますが、さつまいも(かんしょ)もそのうちのひとつ。遠州灘の砂地地帯では良質なさつまいもが育つとされており、古くから栽培が行われているそうです。 取材にご協力してく

          浜松ミクロ散歩「うなぎいも」前編 ~うなぎいもってどんな芋?~

          浜松ミクロ散歩「ガーベラ」後編 ~花のミクロな美しさ~

          はじめに「もっと浜松のこと知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの名物などを科学館の電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回は浜松PCガーベラさんでガーベラを栽培する様子や、出荷までの工程を取材しました。ご案内いただいた鈴木誠さんのガーベラへの熱い想いが感じられる取材記事はこちらから。 この記事では、浜松PCガーベラさんからご提供いただいたガーベラを浜松科学館の電子顕微鏡

          浜松ミクロ散歩「ガーベラ」後編 ~花のミクロな美しさ~

          浜松ミクロ散歩 「ガーベラ」前編 ~ガーベラ栽培のプロ集団~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回訪れたのは、浜松市でガーベラを生産・販売する 浜松PCガーベラ。 これまでは、母の日や誕生日など大切な人への贈り物や入学式や結婚式などイベントに華やかさを添えるものとして需要のあったガーベラ。 コロナ禍では、ステイホームで家で花を飾って楽しむという

          浜松ミクロ散歩 「ガーベラ」前編 ~ガーベラ栽培のプロ集団~

          浜松ミクロ散歩「二ホンウナギ」後編 ~ウロコの並びはうなぎパイ!?~

          はじめに「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回は、浜名湖体験学習施設ウォットさんで二ホンウナギを取材させていただきました。取材記事はこちらから。 この記事では、ウォットさんから提供いただいたウナギを浜松科学館の電子顕微鏡で観察しながら、ウナギの生態について追っていきたいと思います。

          浜松ミクロ散歩「二ホンウナギ」後編 ~ウロコの並びはうなぎパイ!?~

          浜松ミクロ散歩「二ホンウナギ」前編~ウォットで出会ったウナギたち~

          「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回研究するのは、浜名湖の生物。 浜松に豊かな恵みをもたらしてくれる浜名湖。マリンスポーツなどのレジャーに、ウナギ、海苔、牡蠣などの名産品、周辺には観光施設も充実しており、浜松屈指の人気スポットです。 実は、人間のみならず、魚や水辺に暮らす生物たちに

          浜松ミクロ散歩「二ホンウナギ」前編~ウォットで出会ったウナギたち~

          スマートフォン片手に生き物観察。

          はじめに夏休みが終わって浜松科学館では落ち着いた空気が流れるようになりました。今日は久しぶりに科学館のサイエンスパークをお散歩してみたいと思います。 散歩のお供はスマートフォン(以下、スマホ)と、100円ショップで販売されているスマホ用のマクロレンズ。 これを持って、日々歩いている場所をゆっくりと眺めてみたいと思います。 それでは出発です! クロヤマアリ まずは科学館のエントランス。 地面のブロックを拡大すると… カタバミ エントランス脇の植え込みには色々な植

          スマートフォン片手に生き物観察。

          【自由に研究ラボ2023】子供たちが気になる試料を科学館に持ち込んで探究しました。

          はじめに「みらいーら 自由に研究ラボ」は子供たちが気になる材料を持ち込んで、電子顕微鏡、生物顕微鏡、実体顕微鏡、解剖セットなど、科学館の実験機器を使って自由に探究する企画です。 前身の「1倍から30,000倍まで!超拡大ラボ」から数えて今年で3年目。毎年新規の方が参加され、科学館職員との新しい出会いがあります。そして、初年度から皆勤賞の方もいらっしゃいます。たった1年で急成長する子供たちとの再会は、なんだか親戚のおじさんになった気分です。 ここからは、当日観察したこと、気

          【自由に研究ラボ2023】子供たちが気になる試料を科学館に持ち込んで探究しました。