浜松科学館 みらいーら

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩け…

浜松科学館 みらいーら

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

マガジン

  • 105歩で生き物観察

    浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

  • 浜松ミクロ散歩

    「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。

リンク

105歩で生き物観察

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

くわしく見る

端から端まで「105歩」の自然観察園で、生き物観察をしてみます。

前回は筆者の自己紹介をさせていただきました。 今回はnoteの舞台となる浜松科学館自然観察園をご紹介します。 西には高さ213 mのアクトタワーがそびえ立ち、北の東海道本線では絶えず新幹線が行き来しています。そんな政令指定都市のど真ん中。浜松科学館の南にある小さな森、そこが自然観察園です。 園内には、約30年前から浜松周辺に自生する樹が植栽され、面積は小さいながらも遠州地域の植生が再現されています。 自然観察園をメインフィールドとした理由として、下の3点があります。

スキ
67

この枝を切り落とした犯人は誰?

前回の記事で、「小さな森での小さな出会い」という言葉を挙げました。 しかし、いきなり生き物と出会えと言われても、どこをどう探せばいいのか困ってしまうと思います。 今回は「小さな出会い」に出会うコツをご紹介します。 今の時期、自然観察園の歩道にはたくさんの枝が落ちています。 拾い上げて見てみると、どの枝も青々とした葉と、ドングリが付いていました。 葉やドングリの形から、コナラの枝と分かりました。 つまり、①新鮮で、②ドングリの付いた、③コナラの枝だけがたくさん落ちているので

スキ
41

「ギザギザ」と「ツルン」、葉っぱの形を観察してみた

今年の夏は特に暑かったですね! 浜松市は日本の歴代最高気温に並ぶ「41.1℃」を記録し、話題になりました。 さて、太陽光が降り注ぐ中、植物たちはその光を葉で受け止めて、「光合成」しています。 光合成とは光エネルギーを利用して、水と葉から取り込む空気中の二酸化炭素を材料に炭水化物(食べ物)を作ること。 この強い日差しも、植物にとっては無くてはならない資源なのですね。 さて、今回は光合成のメイン工場である葉の形に注目してみましょう。 下に自然観察園に生える「コナラ」と「ク

スキ
54

複数枚に見えるけれど、実は1枚な葉っぱの話

前回は葉の鋸歯の有無に着目して、クスノキとコナラの光合成の戦略を見てきました。 今回は、秋に美しく紅葉するイロハカエデ、ナンテンの葉も並べて一緒に比較してみましょう。 それぞれの葉を「1枚ずつ」並べましたのでご覧ください。 ん?何かおかしいですか? おそらくナンテンの葉に違和感があると思います。 葉を1枚ずつ並べたはずですが、たくさんの葉が付いているように見えます。 実は間違いではなく、これで「1枚の葉」なのです。 葉の1枚は、落葉するときに茎や枝などからはがれる部分

スキ
41

浜松ミクロ散歩

「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。

くわしく見る

浜松ミクロ散歩「花」後編 ~はままつフラワーパーク花粉図鑑~

はじめに「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回は、はままつフラワーパークさんで取材させていただきました。 前編の取材記事はこちらから。 この記事では、はままつフラワーパークさんから提供いただいた「花粉」を浜松科学館の電子顕微鏡で観察していきます。 花の写真とともに、ミクロな世界の「

スキ
14

浜松ミクロ散歩「ハチミツ」後編 ~拡大!ミツバチの身体~

はじめに「もっと浜松のこと知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが科学館を飛び出して浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの名物などを電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回は長坂養蜂場さんでハチミツを生産・商品化する様子や、養蜂の歴史について取材しました。 取材記事はこちらから。 お土産に「巣蜜」をいただきました。 巣蜜とは、巣をそのまま切り出したハチミツです。 皆さんご存知のとおり、ハチミツはミツバチによって花の蜜を材料に作ら

スキ
20

浜松ミクロ散歩「お茶」前編 ~深蒸し茶ってどんなお茶?~

「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 今回研究するのは、お茶。 静岡県は言わずと知れたお茶の名産地。もちろん、浜松市でも栽培が盛んです。 浜松市の中では、三方原台地で主に栽培される「浜松茶」、天竜区で栽培される「天竜茶」「春野の茶」の3つが代表的と言われています。 浜松市民にとってお茶は

スキ
27

浜松ミクロ散歩「楽器」 ~館長さんと巡る浜松市楽器博物館~

「浜松のことをもっとよく知りたい!」 好奇心旺盛なスタッフが浜松科学館を飛び出して、浜松各地を訪問。 訪問先で出会った方々とふれあい、こだわりの商品などを科学館にある電子顕微鏡で観察して、ミクロから浜松を探っていく企画です。 浜松といえば、ヤマハ、カワイ、ローランドといった世界的に有名な楽器メーカーの発祥の地。浜松市では、市を挙げて音楽のまちづくりを行なっており、現在では「音楽の都」を目指して更なる取り組みが行われています。 今回訪れたのは、そんな音楽のまちづくりの根幹を

スキ
38