浜松科学館 みらいーら

浜松科学館自然観察園は地域の方々のお散歩ルート。歩道は端から端まで105歩。普通に歩けば1分足らずで通過してしまいます。 その1歩1歩にもたくさんの生き物がいて、関わり合い、科学的な事象が起こっています。「小さな森での小さな出会い」を少しずつお届けします。

映画「かぐや姫の物語」で生き物観察。

今年からスタートした浜松科学館の生き物 note 、ご覧いただいた皆さまには感謝申し上げます。 来年もポツポツと更新してまいりますので、お付き合いのほどよろしくお願い…

「おしっこ」から脊椎動物の進化をみてみよう。

皆さん、今回のテーマは「排泄物」です。 「糞」「おしっこ」が連発しますので覚悟してください(笑) 自然観察園を歩いていると、遊歩道のコンクリートの上にたくさんの…

アケビコノハさん来館!そして越冬?

朝、出社すると・・・アケビコノハを発見! 枯葉に擬態する蛾の仲間です。 本当に枯葉そっくり。 全身が1枚の枯葉のようです。 頭部は葉柄(ようへい)のよう。 葉に…

キジバトはクリスマスにも愛を叫ぶ

今年もクリスマスの時期になりましたね。 ドキドキなプロポーズを計画されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 野生動物もヒトと同じように異性へ愛のメッセー…

「くっつく生き物」の「くっつく構造」を電子顕微鏡でみてみよう。

私は野外観察の後、服や靴に付いた泥や落ち葉を落とし、出来るだけ自然を持ち帰らないように心掛けています。 一方で、くっつき虫(草本の種子)やマダニなど、私たち動物…

冬が旬!擬態昆虫を探してみよう。

12月が近くなって、そろそろ冬といった感じですね。 自然観察園は、活動する生き物が減って少し静になってきました。 私たち哺乳類は体温調節が可能ですので、体温を一定…